枝毛は自分で切ろう!でも、枝毛を切るのは枝毛を増やす行為?

髪を伸ばしていると増えてくる枝毛。髪の縺れや手触りの次に「傷んでるなぁ」と思うのが枝毛ではないでしょうか?枝毛は毛先が枝分かれするように避けてしまう状態。もちろん、髪にとって良いことなど1つもありません。

枝毛が毛根まで避け続けることはありません。多くの場合が途中で切れてしまうでしょう。つまり切れ毛の原因にもなります。毛先にまで栄養が行くこともなくなり、伸ばし続けるにも難しくなってしまいますし、1度枝毛になってしまった髪は元には戻りません。

枝毛以外に問題がない髪の場合、枝毛の部分(毛先1センチほど)を切れば、健康な髪になり、これから伸ばすにも最適な髪になりますよね。枝毛を切るというのは、結構知られていることでもあるので、髪の長い人は自分で切っているという人も多いのではないでしょうか?

もちろん、定期的に美容室に行って、毛先だけカットしてもらうのも良いかと思いますが、前髪カットと違って、毛先だけを切ったとしても通常カット料金を取られてしまいますよね…。なんだか勿体無い。枝毛だらけでどうしようもない時以外は、今まで通りに自分で切りましょう。

ただし!自分で枝毛を切る場合、切る道具には気をつけるようにしてくださいね。ハサミを使うことが多いと思いますが、切れ味の悪いハサミで切ると、目には見えないかと思いますが、スパッと切れていない場合もあるんです。

カミソリで削ぐように切る場合も同じです。1本1本ではなく、毛先をドバっと一気に切れるカミソリは、枝毛だけでなく通常のカットでも楽で良いですが、斜めに歯が滑って切れるということは、毛の断面も斜めになっているということですね。

ハサミでスパっと切れずに毛先がズレてしまっていたり、カミソリの様に斜めになってしまっていると、それだけ枝毛になりやすくなるということは想像つくかと思います。ピッタリ2枚の紙が引っ付いているのと、少しズレて引っ付いているのとでは、ズレている方が剥がしやすいですよね?そんな感じです。

枝毛を切るのは、カミソリでなくハサミを利用することをオススメすると同時に、使用前にはハサミの手入れをすることをオススメします。特に文房具として利用しているハサミは、気が付かないうちに切れ味が劣化していることが多いです。ハサミを研いで切れ味を良くしてから、枝毛をスパッと切るようにしましょう。

できるならば髪を切る専用のハサミを利用したいところですが、眉用などの小さいハサミでも大丈夫ですよ。ハサミを手入れする時、切れ味が良くなった状態のハサミを利用する時は、くれぐれも怪我などないように注意して利用するようにしてくださいね。

ちなみに、ハサミの切れ味は、美容室選びにも参考にしてもらえればと思います。切れ味の悪そうなハサミでカットしていたり、カミソリタイプでカットしているお店は避けた方が良い場合も多いかもしれません。

カミソリタイプを敢えて使っている人も多いですが、上手な人でないと髪にはダメージになるだけなんです。ですがこれは私たち素人から見ても分からないですよね。もちろん、本当に上手に利用している、まさにプロという方も多くいます。切れ味の悪いハサミを使っている店は、問答無用で避けてOKでしょう。