「朝シャンは髪に悪い」という噂は嘘!朝シャン時の注意点

あなたは『朝シャン派』『夜シャン派』のどちらでしょうか?

仕事が遅い人ほど、早く寝たい思いも強いですよね。面倒になって「もう朝でいいや!」って寝てしまう人もいるでしょう。逆にお風呂でスッキリしないと眠れないという人も多いかと思います。「夜も朝も入る」という人もいるかもしれませんね。

さて、朝と夜…、どちらが美髪には最適なのでしょうか?よく聞きません?「朝風呂はダメ!」「朝シャンはダメ!」と。これは本当なのでしょうか?

結論から言うと、別にどっちでもいいです。どちらかと言えば、夜の方が良いです。でも、注意していれば朝でも良いです。もしかすれば、朝も夜もというのが1番ダメかもしれません。では、解説していきます。

まず、朝シャンがダメという理由ですが、朝と言えばバタバタと慌ただしいですよね。夜にお風呂に入っていれば、朝のお風呂は我慢という選択もありますが、夜に入らずに寝てしまったとすれば、朝は遅刻寸前でもシャワーだけでもサッサと入ってしまいたいものです。

この慌ただしいという状況が、美髪には最悪なんですね。だって、丁寧に洗えませんから。ゴシゴシ慌てて洗い、適当に洗い流すのが限界の朝は、頭皮を傷めるだけですね。ただ、それだけです。髪に関しては。ちなみに「朝シャンはハゲる」という噂も、慌てて適当になることから、毛穴が詰まってしまい、健康な髪が生えにくくなるということであり、迷信だと思います。

他にも朝は血圧が低いなどもあり、その状態でお風呂に入るのは危険という考えもあります。また、寝ている間は汗を大量にかきます。その状態でお風呂に入ると、脱水症状になる恐れもあります。

ということは、朝にゆっくり時間を作れば、何も問題がないということでもあります。朝ごはんをゆっくり食べて、お風呂に30分は時間を取れるというくらい余裕があれば、朝シャンでも大丈夫です。起きてから外出まで、2時間くらいの余裕は欲しいところですね。

夜の方が良いという理由としては、髪は寝ている間に成長します。汚れている状態では、髪は成長しません。髪がキレイに見えていても、頭皮は皮脂や汚れが詰まっているかもしれません。それでは美髪は育ちませんね。

できるだけ夜に入ることをオススメします。どうしても朝でなければ辛いという人でも、たくさん汗をかいたり、頭皮や髪がベタついている時は、できるだけ夜にキレイにして寝るように心がけてみてください。そして、朝にお風呂に入る場合は、絶対にゆっくり時間がとれるように早起きを徹底してくださいね。

朝も夜もという人はちょっと控えてみた方がよいかもしれませんね。髪や頭皮をキレイに保つのは素晴らしいことなのですが、洗い過ぎもよくありません。適度な脂は必要であり、お肌と同じですね。洗いすぎると必要な皮脂もなくなり、乾燥の原因になってしまうこともあります。

スッキリした状態で寝たいですし、寝汗も気になるので朝は朝でという気持ちも分かりますが、両方入る場合は、汚れが気になる時以外は、朝か夜のどちらかのシャンプーを控えるようにした方が良いでしょう。

美髪を目指すなら、朝にしても夜にしても、ゆっくり時間を取って髪を丁寧に洗うことが大切です。更に朝は、寝起きのお風呂は危険もあるので、起きてからお風呂に入るまでの時間も必要です。ライフスタイルに合わせるのがベストですが、少々眠いのは我慢して、夜にお風呂にしてしまった方が、朝は楽かもしれませんね。