数か月に1度は美容室でプロにチェックしてもらおう!

どんなに完璧なケアを自分で行っていたとしても、自分的にどんなに美髪だと思っていたとしても、プロが見ると違う場合もありますよね。健康だと思って何気なく健康診断だけ受けてみたら、思わぬ病気が見つかったという様な感じで。

まぁ、髪に関しては、「今すぐ危険な状態です!」なんてこともないですが、 たまには美容室に行って、プロの人に見てもらい、触ってもらう機会があると安心でしょう。

確認しに行くというのも有なんです。私は昔、「傷んでるね~。もうブリーチとかやめときよ!」と美容師さんに言われてましたが、ここ数年は、「ブリーチとかしているのにキレイな髪してるね~」と言われるようになりました。

やっぱりプロの人に褒められると嬉しいものですし、美髪に近づいているという自信も持てます!髪に対して嘘を言うことは…たぶん無いでしょうからね。

毎月とはいかなくとも、数か月に1度くらいは美容室に行きましょう。枝毛を無くすために毛先だけのカットでもいいし、たまにはヘッドスパや美容室のトリートメントで、髪にも贅沢をさせてあげても良いかもしれませんね。傷んだ髪には大した効果はなくとも、美髪であれば効果はありますよ。

シャンプーだけでもOK。美容師さんのシャンプーは気持ちいいですし、マッサージをしてくれるお店も多いので、頭皮の血行も良くなります。普段の自分のシャンプーの時間と比べるチャンスでもありますよ。美容師さんより長い時間をかけて、洗い流すように心がけてみてくださいね。

最後に1つアドバイスを。美容室には数か月に1度で済むように、頻繁には行かなくて良いように。リンスとトリートメントについてお話しておきます。せっかくキチンとシャンプーができていても、ここで無駄にしてしまう可能性もあるので注意です。

まず、リンス→トリートメントの順でやっていませんか?この順番を逆にしてみてください。トリートメント→リンスです。

リンスは、剥がれてきているキューティクルを覆うように髪をコーティングして、ツルツルにしてくれます。爪の段差を無くすベースコートの様な感じです。剥がれているキューティクルを元には戻せませんが、保護はしてくれます。指通りがよくなったりするのも、コーティングの効果ですね。

トリートメントは、髪の内部に浸透し、栄養を補うものです。トリートメントの後は、少し時間を置くと良いと聞きますよね?これは浸透させる為です。髪が長くなるほど、毛先を中心にパサパサになりやすいので、トリートメントで補給するのは大切ですね。

リンス→トリートメントの順でやってしまうと、先にコーティングされてしまうので、せっかくのトリートメントが髪に浸透しません。トリートメントで浸透させてから、リンスでコーティングすると、両方の効果がアップしますよ。

また、リンスもトリートメントも、しっかり髪の水気を取ってからにしましょう。シャンプーをしっかり洗い流し、サッパリした頭皮の毛穴に、リンスやトリートメントを詰めてしまっては意味がありません。また、シャンプーの泡と違って、毛穴に入ると簡単には洗い流せなくなり、詰まってしまう可能性もあります。

水で濡れたままの状態だと、リンスやトリートメントが頭皮に行きやすくなってしまいます。タオルドライとまでは言いませんが、しっかりと水気を取ってから、毛先にだけ付ければOKです。ロングの人なら、ポニーテールを思い浮かべてみてください。ゴムより毛先にだけ付けるという感じで良いでしょう。

後は手に付いている分を全体に馴染ませるだけで、頭皮周辺は充分です。普段は美容室のトリートメントをしなくてもこれでOKです。